そばかすを消すために知っておくべきポイント!

 

 

そばかすは、医学的には雀卵斑とも言われる
皮膚にできるシミの一つです。
顔や腕、肩など、日のあたる部分の皮膚にぽつぽつとできる、
細かい茶色の点々の事です。
ソバカスがあると年齢的にも上に見られるし、
汚れた感じがするのが気になるという方も多いです。
透き通った感じのお肌が好まれるので、気になるんですよね。
私も20代では全然気にならなくなったのですが、
最近は鏡を見るたびに気になります。色の白い人や白人にできやすく、
まぶたや鼻など顔の中心部にできやすいです。

 


そばかすってどうしてできるの?

 

そばかすができる主な原因は、日焼けと遺伝です

 

太陽の光には、からだに害のある紫外線が含まれているので、
メラニン」という色素を
作り出してからだを紫外線から守ろうとします。
メラニンは、皮膚の内側にある「メラノサイト」で作られているので、
強い日ざしをあびると、
体を守ろうとしてメラノサイトは、
たくさんのメラニンを作るのですが、
そのとき作られすぎたメラニンが皮膚の表面に残ってしまってそばかすとなってしまうのです

 

遺伝によるそばかすは5〜6歳ころからお肌に現れ、思春期に著しくなります。
その後徐々に色は薄くなっていきますが、完璧になくなることはないようです。
病気ではありませんが、できる場所が顔なので悩みますよね。

 

 

気がつかないうちに紫外線を浴びているようで、
日焼けとともにソバカスが濃くなってしまいました。
年齢が増すごとにソバカスを薄くするのは難しくなるそう。
ケアを怠らないようにしましょう。

 

 

 


 そばかすの予防法

 

そばかすを予防する方法としては、
とにかく紫外線にできるだけ当たらないことです。
帽子をかぶったり、日焼け止めクリームを塗ったり、
日傘を使ったりしましょう。
それと白人は目のメラニン色素が少ないので、
紫外線対策にサングラスは欠かせないそうです。
ダテではなかったんですね。

 

また、ビタミンCビタミンAをたっぷり摂り、十分な睡眠をとれば、皮膚の細胞が
活性化されるので残ってしまったメラニンは薄くなります。
ビタミンCはメラニン色素の生成を抑えてくれるんですね。
ビタミンCはみかん、レモン、キ−ウィなどに、ビタミンAはレバーやウナギ、
ほうれん草などにたっぷり含まれているのでなるべく食事で摂るようにした方がいいですね。

 

ソバカス、「チャームポイントだよ」という人もいますが、やはり気になります。
薄くしたい、できれば消したい!って思う方は多いですよね。


内側と外側のケアが大切

 

そばかすを消すには、内側と外側両方のケアが効果的です。

 

それは、そばかすが活性酸素の発生が発端になってできてしまうからです。
活性酸素は、「酸化させる力」の強い酸素です。
体の細胞を守るため、体内に入り込んだばい菌や、
細菌などの有害物質を駆除してくれます。
た酵素の働きを促進してくれます。
普通に生活しているだけでも体内では活性酸素が作られています。

 

紫外線は人体にとって有害な物質が多く含まれています。
紫外線を浴びすぎるとその害から身を守るために
大量の活性酸素が作り出されます。
活性酸素の殺菌力は強いため、
増えすぎると体の細胞に悪影響を与えてしまうことになります。

 

活性酸素はコラーゲンを傷つけるので、
お肌はハリ・弾力を失い、硬くなりシミやしわができやすくなります。
そんな活性酸素のダメージを、
メラニン色素を作っているメラノサイトが引き受けてくれるのです。

 

メラニン色素はシミの原因となる色素ですが、
メラニン色素が日焼けして酸化することによって、
肌細胞への被害を防いでくれているのです。

 

というのは、紫外線の害からお肌を守るために、
メラニン色素を増殖させ、お肌を黒くさせるのです。

 

しかし、大量にできたメラニン色素がお肌表面に残ってしまうと、
そばかすとなってしまいます。

 

内側のケアは、ビタミンCやビタミンA、ビタミンEの食べ物を摂取することです。

 

活性酸素と大きく関係のある、
紫外線の予防対策としての体の内側からのケアには
ビタミンA,C,Eが効果的と言われています。

 

特に活性酸素の働きを抑える効果のある
ビタミンCを十分に摂っていると、紫外線の影響を受けにくくなるといわれています。
そのためビタミンCが不足すると、
紫外線を浴びた時に「そばかす」ができやすくなってしまうのです。

 

ビタミンAは新陳代謝を促してくれて、シミを排出する作用があります。
ビタミンCは体内に蓄えておけないので、1日数回摂取する必要がありますが、
ビタミンAは体内に蓄えておけるので、多少取りダメすることも可能です。

 

「若返りのビタミン」と言われるビタミンEは抗酸化作用があり、
お肌の老化を防いでくれます。
ビタミンCと一緒に摂取するとより効果的です。

 

外側のケアは、紫外線対策とともに美白化粧品を使用することがあります。

 

美白化粧品とは美白成分がきちんと配合されているものを指します。
美白成分によって働きかけるタイミングが異なりますので、
自分の悩みを解決してくれる成分を知ることが大事です。

 

お肌が紫外線を浴びると、肌内部を守ろうとして「エンドセリン」などの
情報伝達物質が分泌されます。
そしてシミの元となるメラニンを作成するようにメラノサイトに指令を出します。
その指令を抑制するのが、トラネキサム酸やカモミラETなどです。

 

「エンドセリン」などの情報伝達物質がメラノサイトに届き、
メラニン色素が作られるようになります。
チロシンというアミノ酸が作られ、そしてメラノサイトに存在する、
酸化酵素のチロシナーゼが働いて、メラニン色素へとなってしまうのです。

 

チロシナーゼの働きを抑えるのが、アルブチン、エラグ酸、
ビタミン誘導体、プラセンタエキス、トラネキサム酸
などです。
チロシナーゼを減らすのが、リノール酸、マグノリグナンなどです。

 

お肌の性質によってメイクができない方もいらっしゃいますが、
基礎化粧品を使用されている方は多いと思います。
そばかすに効果的な化粧品を使用することで、そばかすを消す、薄くすることが可能です。
「敏感肌で合うお化粧品がないの」という方にもご利用可能な美白化粧品もありますよ。

 


オススメのアイテム

 

私は敏感肌でないけれど、香料やアルコールに弱くて、
化粧品によってはつけるとお肌が真っ赤になったりしたことがありました。
あるとき植物由来の成分が入っている化粧品を使ってみたら、
お肌に合ったらしく、ピリピリも赤みもなく安心して使えました。

 

私と同じように、化粧品が合わなくて
困っている方にオススメの化粧品をご紹介します。
ポイントは、「低刺激」です。
いくら高い効果のある化粧品でも、
お肌に合わなくて、使用するたびにかゆくなったり、
ピリピリするのでは安心して使えませんですよね。

 

お肌が弱い方でも安心して使用できる美白化粧品を、
実際使ってみてよかったと思ったランキング順にご紹介します。

 

 

Saeru 

敏感肌、妊婦さんも安心して利用できます

 

Saeruは、アレルギー、妊娠中、刺激に弱くて今まで美白化粧品を使えなかった方でも
安心してご利用いただけます。アルコール、香料不使用ですから低刺激です。
角質のバリア機能が弱く、紫外線などの刺激に弱い敏感肌は
肌荒れを起こしやすく乾燥しがちです。
でもサエルは、美白を邪魔する因子を排除したうえで、
メラニンの元「酵素チロシナーゼ」の生成を抑制します。
またシミやくすみの対応もしっかりです。返金保証付きです。

 

 

 

 

 

アスタリフト

お肌に浸透するのに潤う

 

コラーゲンでできているフィルムを保存するための独自のナニユニット技術で、
お肌の奥まで成分を届けます!
抗酸化成分のアスタキサンチンが、お肌を1トーン明るくしてくれるばかりでなく、
お肌の老化も防いでくれるんですよ。
お肌の弱い方でも安心して使えますよ。

 

 

 

 

フレキュレル

そばかす専用の薬用クリーム

 

大人のそばかすは年を経るごとに濃くなってきます。
メラニンの抑制と排出がそばかす対策のポイントです。
夜寝る前に塗れば、 寝ている間に気になるそばかすを
集中的にケアできる薬用クリームです。
180日返金保証付きのキャンペーンがあるので、
刺激に弱いお肌の方も安心です。

 

 

 

アンプルール

ラグジュアリーな素肌を叶えてくれる

 

多くの女性のお肌を診察してきた現役の皮膚科医が、
お肌の悩みにこたえるべく開発したアンプルール。
「新安定型ハイドロキノン」で、刺激が少ないのに
できてしまったシミに対して高い評価を得ています。
お肌に合うか不安な方も返金保証付きなので安心ですね。

 

 

 

bglen

浸透力が魅力です

 

独自の浸透テクノロジーQuSomeR(キューソーム)を使用しているので、
比較的低い濃度のハイドロキノンでもバツグンの浸透力を誇るビーグレン。
お肌にぐいぐい浸透していくのに、刺激が少なく
より長い時間の効果が感じられます。
そしてくすみのない透明感のあるお肌へと導きます。
365日間の返金保証付きです。