何とかしたいそばかす

 

「そばかすはチャームポイントよ」と言われても
何とかしたいと、毎日鏡を見るたびに思います。

 

そばかすにいいと言われる方法ってどんなものがあるのでしょうか?

そばかす対策方法 マル秘テクニック記事一覧

 

しみ、そばかすなどの色素沈着の改善に漢方薬が用いられることがあります。漢方では、体の様々な諸症状を緩和して体質を改善し、その結果としてシミ・そばかすの改善にもつながるという東洋医学の考えにもとづきます。

 
 

小説の「赤毛のアン」や「長靴下のピッピ」はそばかすのある女の子が主人公ですが、とてもキュートな女の子に書かれています。白人はメラニン色素の関係で、顔だけでなく肩や胸にもそばかすのある人が多いです。でも、日本ではそばかすはチャームポイントと思えなくて、悩んでいる方が多いようです。「メイクで何とか隠せたら。。。」切ない想いでお化粧しても、厚塗りとしか見えないようなメイクでは困りますよね。そばかすをお化...

 
 

「長靴下のピッピ」は赤毛のツインテールにそばかすだらけの女の子。でも大人になっても、「ピッピのようにそばかすだらけではちょっと」とお考えの方もいらっしゃるでしょうね。そばかすは「チャームポイントだよ」と人から言われても、当人は気になります。何とか薄くしたい!消したい!と思っています。そもそもそばかすは、遺伝的な要素や妊娠によるホルモンバランスの崩れなどから、そばかすはできてしまいます。

 
 

顔のほぼ真ん中、鼻を中心としてぽつぽつと現れるそばかす。「赤毛のアン」のアンもそばかすがありましたね。そばかすは鼻や頬骨、まぶたの上に砂をまいたような茶色の斑点が4歳〜5歳くらいの頃から現れてきます。そばかすはシミの一種ですが、シミは小さい頃には現れることはほとんどないようです。しかし、そばかすは30歳頃から目立つようになりますし、紫外線に当たると悪化するのも特徴で、夏場は斑点の色が濃くなってしま...

 
 

「長靴下のピッピ」や「赤毛のアン、」「にんじん」など10代向けの小説の主人公にそばかすがある小説が多いような気がします。少年少女ならそばかすも可愛いけれど、大人になってくると濃くなってきて悩みの種になってしまいます。そばかすは遺伝の要素が強いので、完全に消すとしたら手術以外の方法はなさそうです。でもそばかすに効果のある食べ物を取るようにしたら、お化粧で隠れる程度に薄くするのは可能なようです。では一...