レーザー治療で気になる悩みの種のそばかすよ、さようなら

 

 

物心ついた頃から私の顔にあったそばかす。
今ではレーザー治療のおかげであまり気にならなくなりましたが、
思春期でメイクをしだした頃から消したくてたまらなかった。

 

そして、いつしかそばかすなのか、シミなのか判別が付かなくなってきた30歳。
思い切って友達が通っているクリニックのレーザー治療を紹介してもらいました。

 

 

レーザー治療といっても様々で、レーザーをあてる範囲によって料金が変わるクリニックもあれば、
一回いくらと固定の料金のクリニックもあります。
私が紹介してもらったクリニックは、一回2万円で、範囲は決まっておらず、
そばかすとシミ、ホクロを全て違う種類のレーザーを当てて除去する施術をしてくれ、
しかもレーザー治療後にビタミン剤を注入してくれ、最後に保湿ケアまでしてくれるという内容でした。

 

 

初めての施術の日、先端恐怖症の私はレーザー治療など今まで受けたことが無かったので、
どんな物なのか、どんな痛みなのかわからず、朝からずっと緊張していました。

 

クリニックでは、まずカウンセリングを受け、スッピンの私の肌を見て色々相談や依頼をしました。
先生によると、私のシミだと思っていた物は、ほとんどそばかすだったらしく、
しかも、そばかすとシミ、ほくろだったら、そばかすのほうが比較的消えやすいとの事でした。

 

 

でも、レーザー治療はやはり痛かったです。。。。
チクチク針が刺さっているかの様な痛みで、しかもバチバチと音もすごかったです。
少し焦げた臭いもして、何だかすごく怖かったです。
レーザー治療後のビタミン剤と保湿ケアはひんやりと気持ち良かったです。
全ての施術後、トイレの鏡で自分の顔を見ると、レーザーの当てた所から血が出ていて、
顔全体が赤く腫れてました。赤みは約2日ほど続きました。
その間は私は外出する際は常にマスクを着用していました。
赤みが引いた後は、真っ黒くなり、かさぶたになりました。
そばかすが一層、濃く目立つ感じになりました。

 

 

その後、自然とかさぶたが取れて、そばかすの色素沈着が薄くなっていきました。
レーザー治療は一カ月に一度しか受けられないので、どのくらい通うかはその人次第みたいです。
私は結局、6回通い半年かかりました。
正直、全てキレイに消えてはいません。
が、そばかすは確実に薄くなりました。
お金は10万かかりましたが、その分だけの効果はあったと思います。
今まで気にしていた物が無くなったら、気持ち的にすごく癒され、
メイクする度に嬉しかったです。

 

施述に通ってから、かれこれ3年近くが経ちます。
その間に出産を経験しました。
妊娠中はホルモンバランスが変化されるので、そのせいか、
そばかすやシミがまた少し出てきて、気になり出しています。
今はまだ赤ちゃんの育児で手がいっぱいですが、手が空いて時間とお金に余裕が出来たら、
また施述に通いたいと思います。

 

関連ページ

そばかすケア
医学的には雀卵斑と言われるそばかす。そばかすでお悩みの方にお手入れのポイントをご紹介します。
クリニックでの治療法は?
皮膚科や美容皮膚科で治療を受けたいと思っている方。クリニックではどういう治療方法があるのでしょうか?実際はどういう感じで進められるのでしょうか、ご紹介します。
エステでのそばかす対策
エステサロンでもそばかす対策は行われています。実際どのような方法があるのでしょうか?
そばかすはチャームポイント?
欧米では「そばかすはチャームポイント」と思われていますが、日本ではそばかすは「顔がくすんで見える」と気にしている方が多いです。
洗顔方法 注意
そばかすケアで意外と見落としがちなのが、洗顔方法です。洗顔をきっちりすれば、そばかす対策に有効です。
一昔前には、そばかす美人という言葉が流行していたのです
以前は、そばかす美人と言う言葉がありました。そばかすがあることで悩む方は少なくないのですが、意外と世間の方はチャーミングであると好意的なのです。特に外国人の方は、ご自身でもチャームポイントの一つであると受け止めているほどです。
そばかすの原因と生活習慣で治せる簡単な対策方法の紹介
そばかすができる原因は、子供のころからある方と、大人になってできた方とでは異なります。一番の原因は紫外線です。季節やお天気に関係なく紫外線は1年中地球に降り注いできますので、1年中対策を施すことによって目に見えるほどの効果を感じることができるでしょう。