アンプルール 使ってみました

 

 

毎年何気なく紫外線対策もほとんど行うことなく過ごしているうちに、
シミが濃くなっていました。。。。
その事実にある日突然気がついて、ショック!!!
40歳を過ぎて今更ながら美白について真剣に考え始めました。
今まで美白化粧品は使ったことがありましたが、
途中で別な化粧品に切り替えていました。
今更ながらですが美白化粧品を試してみることにしました。

 

アンプルールは、皮膚科の医師が開発した美白化粧品です。
将来黒いしみになる可能性のある、
目に見えないシミ予備軍をケアしてシミ予備軍を作らせないようにします。
酸素や光、熱に対して不安定な要素のある「ハイドロキノン」を
より安定した効果が出る「新安定型ハイドロキノン」へと開発しました。
夜に使用すれば睡眠中にメラニンを攻撃して無色に戻す作用があります。
妊娠中や授乳中の方にも安心してご利用いただけるようです。

 

注文して1週間後に送られてきました。

 

中はこんな感じです。

 

(1)クレンジングミルク(1本)
(2)洗顔フォーム(1本)
(3)コンセントレートHQ110(1本)
(4)ローションA.O(1本)
(5)アクティブフォーミュラ(美容液)(1本)
(6)クリームA.O(パウチ2包)
(7)ダブルプロテクトUVクリーム(パウチ2包)
(おまけ)私の時はアクティブフォーミュラ(パウチ2包)でした。

 

正直メイクも最低限で、スキンケアも最小限しか使用していないので
こんなに使えるか不安です。

 

朝の手順
洗顔フォーム→ローションA.O→アクティブフォーミュラ→ダブルプロテクトUV

 

夜の手順
クレンジングミルク→洗顔フォーム→コンセントレートHQ110→ローションA.O→アクティブフォーミュラ→クリームA.O

 

クレンジングミルクはメイクがしっかり落ちます。
洗顔フォームは少量ですごく泡立ちがいいです。
洗顔後のお肌はキュッキュッて感じです。
ローションAOはさらっとした感じなのに少しとろみがあります。
でもしっかりお肌に浸透していく感じです。
使用後はお肌に吸いつくような感じでした。

 

 

朝は、この後、薬用アクティブフォーミュラ、お顔全体に馴染むようにつけていきます。
伸びがよくてすぐに顔に馴染んでいきます。
その後日中用のUVクリームを使います。
UVクリームは顔につけたときは白いのですが、すぐにお肌に浸透していきます。

 

夜は、クレンジング、洗顔フォーム、スポット美容液のコンセントレートHQ110
(気になるシミの部分につけていきます。狙いうち!って感じですね。)
ローションAO、薬用アクティブフォーミュラ、そしてナイトクリームのクリームAOの順で使っていきます。

 

 

使ってみて感じたことは、クリームは本当に伸びが良くて
ス〜っとお肌に浸透していきました。
7日間の使用でお肌のトーンが少し明るくなった気がします。
ただ私のシミは、年季が入っているからなのかあまり変化はない感じです。
もうちょっと使っていけば
シミが薄くなったことを実感できるのではないか?と思います。

 

 

 



関連ページ

サエルを体験
敏感肌専用の美白化粧品、サエル。どういうものなのか、実際に使ってみました。
ビーグレンの美白効果が気になる!
アメリカで開発された「QueSome化ハイドロキノン」配合の話題の美白化粧品、b.glen(ビーグレン)の口コミは?
アスタリフトをお試し
アスタリフトはフィルム会社の化粧品?意外な組み合わせですが、それには驚きのナノテクノロジーの存在があったのです。 フィルムとお肌に共通のコラーゲン研究の結果美白に効果的な化粧品へとつながったのです。
フレキュレルがそばかす解消にオススメな訳
フレキュレルがそばかすの解消に効果的と知ってから、太陽を浴びるのが怖くなくなりました。刺激に弱い私のお肌でも、医薬部外品のフレキュレルの効果を感じることができました。