ビーグレンの美白効果が気になる!

 

美白化粧品とは、厚生労働省から医薬部外品として
承認を受けた 「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」化粧品のことです。
“紫外線によってメラニンがつくられる過程をブロックする、
つまりシミを予防する目的の成分のものがほとんどなのです。

 

 

美白化粧品とは、厚生労働省から医薬部外品として
承認を受けた 「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」化粧品のことです。
紫外線”によってメラニン</span>がつくられる過程をブロックする、
つまりシミを予防する目的の成分のものがほとんどなのです。
それでは今あるシミはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

b.glenの開発者ブライアン・ケラー博士は、今あるシミを薄くするには「ハイドロキノン
という成分が必要だと考えています。
ただ、「ハイドロノキン」は浸透力や酸化しやすく変色しやすいうえに、
濃度によってはお肌への刺激があるのが問題でした。
b.glenは、QuSome(キューソーム)というお肌の奥深くまで
スキンケア製品の有効成分を浸透させるテクノロジーを使って
「QueSome化ハイドロキノン」という美白成分を開発しました。
「QueSome化ハイドロキノン」は直接メラニンまで届く浸透力、
低刺激で、より少ない量でより高い効果が得られるようになりました。
効果が表れる時間を半減し、お肌への刺激4分の1にまで減らしました。

 

b.glenを使用した方の評判

 

シミだけでなくそばかすに対して即効性があるという事で大変人気です。
シミ・そばかすはできてしまってから時間が経っていないものの方が薄くしたり、消したりしやすいです。
できてからかなり時間が経ってしまった、頑固なシミは駄目なの?と
諦めている方も多いと思います。
でもb.glenは頑固なシミにも効果があったという方が多いです。

 

「お肌の色が明るくなった」「透明感が出てきた」などなどです。
大抵の方は化粧品をトライアルで試してみてから購入されると思います。

 

b.glenのトライアルは1週間です。
正直1週間で効果があるとはあまり思えませんでした。
「お肌への浸透力が半端ない」「しっとりした」と言う方も多いですね。
しわやニキビなどのタイプ別にもわかれているので、
しわやニキビでお悩みの方も使用されている方は多いようです。
ただ、「ハイドロノキン」は刺激がありますので、人によっては赤くなったり、ピリピリしたりします。
敏感肌の方や妊娠中の方は、b.glenにはハイドロノキンが1.9%配合されていますので
医師とよく相談してから使用するようにして下さいね。

 

 



 

 

関連ページ

サエルを体験
敏感肌専用の美白化粧品、サエル。どういうものなのか、実際に使ってみました。
アンプルール 試してみました
現役の皮膚科医が開発した、アンプルール。「新安定型ハイドロキノン」が配合されているそうです。
アスタリフトをお試し
アスタリフトはフィルム会社の化粧品?意外な組み合わせですが、それには驚きのナノテクノロジーの存在があったのです。 フィルムとお肌に共通のコラーゲン研究の結果美白に効果的な化粧品へとつながったのです。
フレキュレルがそばかす解消にオススメな訳
フレキュレルがそばかすの解消に効果的と知ってから、太陽を浴びるのが怖くなくなりました。刺激に弱い私のお肌でも、医薬部外品のフレキュレルの効果を感じることができました。