気になるそばかす、お手入れどうしたらいいの?

 

鏡を見るたびに気になるそばかす。
何とか隠したい、消したい、薄くしたい!って思いますよね?

 

よく言われる紫外線対策だけでなく、
食べ物や洗顔方法、睡眠など色々と気を付けたいことがいっぱいです!

お手入れ方法記事一覧

 

そばかすは医学的には雀卵班(じゃくらんはん)と言われます。そういえば、ソバカスの点々ってウズラ卵の殻の模様のようですよね。そばかすは遺伝によるものと、紫外線によるものとがあります。目や鼻の周りに薄い茶色の斑点のようなものがそばかすです。またホルモンの変化が原因で妊娠中の女性にも多くみられます。白人に多いのですが、最近は日本人にもそばかすで悩んでいる方が多くなってきました。特に色白の方は、メラニン色...

 
 

クリニックでそばかすの治療を受けるとしたら、どのような方法・施術が行われるのでしょうか?治療期間も含めて気になりますよね。そばかすは、「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれていて、鼻を中心に小さな茶色いシミが左右の頬に対称に散らばります。遺伝的要因が強く、5〜6歳くらいから発生するのが一般的で、日焼けや妊娠で悪化することもあります。

 
 

鏡を見るたびにそばかすが気になる。紫外線対策や美白化粧品など、自分でできることは行っているけど、なかなか消えないんですよね。どうしても消したい!という場合は、クリニックやエステを利用した方がいいようです。でも、病院の皮膚科なら保険が適用されることが多いのですが、美容皮膚科のクリニックは値段がかかることが多いです。それならば、エステはどうかしら?と思う方が多いようです。そばかすはメラニンが原因ででき...

 
 

10代、20代では海や山に出かけたり、炎天下イベントに参加したりして、太陽にたくさんあたって日焼けしている方も多いですし、小麦色の肌はとても健康的で魅力的ですよね。紫外線はシミの原因となりますが、そばかすは先天的な要素が強いのです。日本ではそばかすで悩む方が多いのは、昔から日本人は色白を好むからでしょうか。そのためか「美白」に関しては、日本はかなりの先駆者です。欧米の化粧品メーカーが日本人女性のた...

 
 

そばかすが気になるという方は意外と多いものです。欧米の方はもともとメラニン色素が少ないので、そばかすのある子供が多く、大人になっても「そばかすがあることは愛らしい」と気にしない人が多いのです。ただ、日本ではそばかすがあることを気にする人も多く、コンプレックスを感じている人も多いようです。そばかすって色白の方に多いので、余計に気になるんですよね。そのため紫外線対策はもちろん、美白化粧品を使ったりして...

 
 

物心ついた頃から私の顔にあったそばかす。今ではレーザー治療のおかげであまり気にならなくなりましたが、思春期でメイクをしだした頃から消したくてたまらなかった。そして、いつしかそばかすなのか、シミなのか判別が付かなくなってきた30歳。思い切って友達が通っているクリニックのレーザー治療を紹介してもらいました。レーザー治療といっても様々で、レーザーをあてる範囲によって料金が変わるクリニックもあれば、一回い...

 
 

最近はめったに聞かなくなってしまいましたが、一昔前まではそばかす美人という言葉があったのをご存じでしょうか。つまり、世間の人達はご本人が悩むほどの事もなく、そばかすをチャーミングだと感じている人も少なくないのです。特に、外人の女性の中にはむしろ、そばかすの無い女性を探す方が難しく、ご本人も自分のチャームポイントの一つと捉えている人も多いという事です。しかしながら、どうしてもそばかすが気になって仕方...

 
 

そばかすを気にして悩んでいる方は多いと思います。そばかすの原因は、子供のころからあった方と大人になってできた方とでは異なります。消したい、薄くしたいと悩んでいる方でも「対策が解からない!」と言う方も沢山は沢山いらっしゃるのです。そばかすで悩んでいる方に簡単にできてしまう対策方法をご紹介しますね。幼初期からそばかすがあったという方もいると思います。幼初期のそばかすは先天的なそばかすになります。実は大...