体の中からそばかす対策

 

 

「長靴下のピッピ」は赤毛のツインテールにそばかすだらけの女の子。
でも大人になっても、「ピッピのようにそばかすだらけではちょっと」と
お考えの方もいらっしゃるでしょうね。
そばかすは「チャームポイントだよ」と人から言われても、当人は気になります。
何とか薄くしたい!消したい!と思っています。

 

そもそもそばかすは、遺伝的な要素
妊娠によるホルモンバランスの崩れなどから、
そばかすはできてしまいます。


ビタミンでそばかす撃退!

 

また、活性酸素の発生が発端にもなります。
活性酸素って体を酸化させ、錆びや老化の原因とされていますよね。
本来は体内に侵入したウイルスや細菌を撃退する役目がありますが、
この活性酸素が増えすぎてしまうと自分の細胞を傷つけたり、酸化させてしまったりします。
紫外線を浴びたり、喫煙、ストレスなどで活性酸素が発生すると、
色素形成細胞であるメラノサイトが刺激を受けて活動を始めちゃうんです。
メラノサイトが刺激されると、お肌を黒くさせる原因であるメラニン色素を生成し、
増殖してお肌を黒くすることによって紫外線の害から守ろうとします。
そうして、そばかすができてしまい、お肌の内部に色素沈着して、
拡大して表面化していくのです。
ただ、紫外線を浴びてからシミができるまで、
またそばかすが濃くなるまでには少し時間がかかるので、
メラニンの生成を抑える対策をしましょうね。
美白効果のあるお化粧品を使う事もいいのですが、
体の中から紫外線対策をして行きましょう。

 

そばかすに効果のある成分として、注目されているのがビタミンCです。
ビタミンCにはこれからできるメラニンの生成を抑えたり、
またできてしまったシミやそばかすを薄くする効果があります。
そのうえ、ビタミンCには活性酸素の発生を抑える抗酸化作用もあるんですよ。
そして皮膚の新陳代謝を促進してメラニンの排泄を促したり、
黒色メラニンの生成を抑制するL-システイン
ビタミンCの働きをより効果的にサポートしてくれます。 

 

ただ、ビタミンCは必要以上の量を摂取しても体外に排出されてしまうので、
毎日こまめに摂ることをおすすめします。
ローズヒップティーなどビタミンCたっぷりのお茶もありますね。
摂取してもすぐにそばかすが薄くなるわけではありませんが、
じわじわと効いていきますよ。

そばかすにオススメの医薬品

富山常備薬グループのキミエホワイトプラスは第3類医薬品です。
子供のころからそばかすがある方は10代、
20代のころはあまり気にすることなく生活していたのではないでしょうか。

 

ただ、年齢を重ねて35歳過ぎるころになると、そばかすに加え、
しみも目立つようになってきた、と気にする方も少なくありません。
「どうにかしたい!」と思いますよね。

 

シミに効果的と言われる成分としては、
アスコルビン酸(ビタミンC)、L-システイン、トラネキサム酸、
リボフランビン、ハイドロキノン
などがあります。

 

キミエホワイトプラスには、アスコルビン酸(ビタミンC)、L-システイン、
>リボフランビンが配合されているので、
シミの原因である黒色メラニンの発生を防ぐだけでなく抑制し、
排出してくれます。

 

また、皮膚の健康維持を助け、
お肌の生まれ変わりも促進してくれる
パントテン酸カルシウムも配合されているので、
肌トラブルにも効果を感じることができます。

 

初回は1,900円で購入することができます。
医薬品ですが飲み薬ですし、
個人差もあるので即効性を感じられないこともあるかもしれませんが、
1日3回、1回1錠の適量を守って飲んでみてはいかがでしょうか。

 

関連ページ

そばかすに効く漢方
「そばかすに漢方薬も効果的」と聞くと、「意外!」と思うかもしれませんが、体調を整え美肌へと導いてくれるんですよ。
そばかすを隠すお化粧法
そばかすが気になると、ついついメイクで隠そうと思うのですが、メイク用品の選び方で印象がグンと違ってくるんですよ。
そばかすに効果的な紫外線対策
そばかすを消すには紫外線対策が欠かせませんが、注意すべきポイントをご紹介します。
そばかすに効果的な食べ物
そばかすを薄くするのに効果的な食べ物をあるのをご存知ですか?これらの食べ物を積極的に摂取して、気になるそばかすにサヨナラしましょう!