一昔前には、そばかす美人という言葉が流行していたのです

 

 

最近はめったに聞かなくなってしまいましたが、
一昔前まではそばかす美人という言葉があったのをご存じでしょうか。

 

つまり、世間の人達はご本人が悩むほどの事もなく、
そばかすをチャーミングだと感じている人も少なくないのです。
特に、外人の女性の中にはむしろ、そばかすの無い女性を探す方が難しく、
ご本人も自分のチャームポイントの一つと捉えている人も多いという事です。

 

しかしながら、どうしてもそばかすが気になって仕方の無い女性は、
先ず食生活や日頃の洗顔、紫外線対策、睡眠の見直しをされる事からだと思います。

 

そこで食事内容なのですが、そばかすというのは子供の頃から、
親等、親族の遺伝的な人と、大人になってから出だした人とでは原因も異なるのですが、
大人になってからの女性は、その殆どがビタミン不足の食事であったりするので、
キウイ、アボガド、イワシといった、ビタミンCを基本に多くのビタミンをふくむ食品を摂るように心がけましょう。

 

特にアボガドは栄養素の宝庫ですから、イワシの酢漬けを細かくカットしたものと
アボガドを軽くマヨネーズ等であえ、その上から、たっぷりのパセリのみじん切りをふりかけ、
最後に、オリーブオイルか、バルサミコ酢を数滴加えると完璧な、そばかす改善食と云えると思います。

 

 

つぎに洗顔ですが、必ずぬるま湯を使いよく泡立ててから洗う事が基本です。
湯温が高すぎても水であっても、充分な洗顔はできないので気を付けて下さい。
勿論、睡眠も大いに重要な要素で熟睡時間が3〜4時間は必ずある事が大切で、
近年に入り、入浴前に軽くコーヒーを1杯飲んで入浴し、
就寝する事が健康的な睡眠がとれるという話もあるようで、
私自身は入浴前のコーヒーは、もう数年前から習慣化された生活を送っています。

 

 

あとは紫外線対策ですが、冬の空でも天候が曇りの日でも、紫外線は降り注いでいるので、
顔や腕のみならずサングラスを活用したり、頭髪に紫外線を跳ね返す目的で、
少々の油分の含まれたクリーム等をつけて、足元も
素足の時には充分なUVカットクリームを塗る事がオススメです。

 

 

そのようにしてそばかす対策を試みる日々の中で、御化粧をする際は
地肌の色より多少濃い目のカラーファンデを使い、そばかすを隠すようにされると良いのです。
しかし、そばかすを隠したい!という気持ちが強くさせているのでしょうが、
肌よりも白いファンデを重ねつけしてしまって、厚化粧になっているケースもあります。
厚化粧は、結果的に他人の目がよりそばかすに行ってしまう事を気にとめて、薄化粧を楽しみましょう。

 

それでもどうしても気になる方は、週1位のペースからスタートして
ピーリングをしてみてはいかがでしょうか。
ピーリングは多くて、週2〜3回が限度で、ご自分の肌質と相談しながら
実行される事が必要だと思います。
自分自身でピーリングをすることに不安の人は、
皮膚科の扉を叩く事も良い事だと思うのです。
どちらにしても必要以上に悩む事なく、そばかす美人という言葉を心に秘めて
そばかす改善に前向きな気持ちで実践していって欲しいと思います。

 

関連ページ

そばかすケア
医学的には雀卵斑と言われるそばかす。そばかすでお悩みの方にお手入れのポイントをご紹介します。
クリニックでの治療法は?
皮膚科や美容皮膚科で治療を受けたいと思っている方。クリニックではどういう治療方法があるのでしょうか?実際はどういう感じで進められるのでしょうか、ご紹介します。
エステでのそばかす対策
エステサロンでもそばかす対策は行われています。実際どのような方法があるのでしょうか?
そばかすはチャームポイント?
欧米では「そばかすはチャームポイント」と思われていますが、日本ではそばかすは「顔がくすんで見える」と気にしている方が多いです。
洗顔方法 注意
そばかすケアで意外と見落としがちなのが、洗顔方法です。洗顔をきっちりすれば、そばかす対策に有効です。
レーザー治療で気になる悩みの種のそばかすよ、さようなら
物心ついたころからあったそばかすをレーザー治療で除去しました。いつかは消したいと思っていたけれど、決心するまで結構時間がかかりました。でも施術してもらったら、今まで気になって仕方がなかったそばかすが全然気にならなくなり、楽になりました。
そばかすの原因と生活習慣で治せる簡単な対策方法の紹介
そばかすができる原因は、子供のころからある方と、大人になってできた方とでは異なります。一番の原因は紫外線です。季節やお天気に関係なく紫外線は1年中地球に降り注いできますので、1年中対策を施すことによって目に見えるほどの効果を感じることができるでしょう。