洗顔方法は大事!

 

 

そばかすが気になるという方は意外と多いものです。
欧米の方はもともとメラニン色素が少ないので、そばかすのある子供が多く、
大人になっても「そばかすがあることは愛らしい」と気にしない人が多いのです。
ただ、日本ではそばかすがあることを気にする人も多く、
コンプレックスを感じている人も多いようです。

 

そばかすって色白の方に多いので、余計に気になるんですよね。
そのため紫外線対策はもちろん、美白化粧品を使ったりしてそばかす対策を行っている方も多いです。
ただ気を付けてほしいのは、
正しい洗顔を行わないといくら美白化粧品を使用してもそばかす対策が期待できない点です。

 

オススメの洗顔方法

 

夜間眠っている間にお肌は汗をかいたりして、
気がつかないうちに汚れてしまっています。
お肌を清潔にするために起床後は、しっかりと洗顔しましょうね。

 

洗顔方法ですが、弱アルカリ性の洗顔料を泡立ててひたいの上から、
あごにかけて優しく円を描きながらマッサージするように、
30秒以内に洗いましょう。
時間をかけて顔を洗った方がいいように思いますが、
あまり長い時間だとかえって
お肌に負担をかけることになるんですね。そしてすすぎもしっかりとやりましょう!
数回すすいで下さいね。
でも洗い過ぎは皮脂が奪われるのでご注意!

 

洗う時は顔をゴシゴシこすらないようにしましょう。
そして顔をタオルでふく時も、タオルでこすらないように気をつけましょう。
ゴシゴシこすってしまってお肌に刺激を与えてしまうと、
刺激によってメラニン色素が生成されてしまうんですね
意外とタオルでの拭きとりって気にしていない方も多いのですが、
タオルでゴシゴシしてしまったために炎症を起こしてしまったという方も多いんですよ。

 

洗顔後は、なるべく早いうちに保湿しましょう。
保湿効果のあるプラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸、
セラミドなどを含むローションタイプの美容液がオススメです。
お肌の乾燥を防ぐには、コットンなどでのローションパックがオススメです。
お肌のターンオーバーを正常化させて、お肌の細胞の代謝をよくすることによって、
そばかすが薄くなるのも早まる
からなんですね。


関連ページ

そばかすケア
医学的には雀卵斑と言われるそばかす。そばかすでお悩みの方にお手入れのポイントをご紹介します。
クリニックでの治療法は?
皮膚科や美容皮膚科で治療を受けたいと思っている方。クリニックではどういう治療方法があるのでしょうか?実際はどういう感じで進められるのでしょうか、ご紹介します。
エステでのそばかす対策
エステサロンでもそばかす対策は行われています。実際どのような方法があるのでしょうか?
そばかすはチャームポイント?
欧米では「そばかすはチャームポイント」と思われていますが、日本ではそばかすは「顔がくすんで見える」と気にしている方が多いです。
レーザー治療で気になる悩みの種のそばかすよ、さようなら
物心ついたころからあったそばかすをレーザー治療で除去しました。いつかは消したいと思っていたけれど、決心するまで結構時間がかかりました。でも施術してもらったら、今まで気になって仕方がなかったそばかすが全然気にならなくなり、楽になりました。
一昔前には、そばかす美人という言葉が流行していたのです
以前は、そばかす美人と言う言葉がありました。そばかすがあることで悩む方は少なくないのですが、意外と世間の方はチャーミングであると好意的なのです。特に外国人の方は、ご自身でもチャームポイントの一つであると受け止めているほどです。
そばかすの原因と生活習慣で治せる簡単な対策方法の紹介
そばかすができる原因は、子供のころからある方と、大人になってできた方とでは異なります。一番の原因は紫外線です。季節やお天気に関係なく紫外線は1年中地球に降り注いできますので、1年中対策を施すことによって目に見えるほどの効果を感じることができるでしょう。